日本ハム清宮 鎌ケ谷ランフェスでスターター 市民ランナー1800人にエール「楽しんで走って」

[ 2018年12月2日 13:06 ]

<鎌ケ谷ランフェスタ>スターターを務めた清宮はランナーに手を振り声援を送った(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が2日、千葉県鎌ケ谷市で行われた「鎌ケ谷ランフェスタ2018」でスターターを務めた。イベントには市民ランナー1800人が集結。清宮はスタート前に、「こういう日も中々ないので、みなさん楽しんで走って下さい。頑張ってください」とエールを送った。

 「走る」、「遊ぶ」の2部構成で行われた同フェスには、他にも難波侑平内野手(19)がランニング大会に出走するなど、日本ハムの選手全8名が参加。給水や、選手の直筆サイン入りグッズの抽選会、マルバツゲームの問題読み、などでも会場を盛り上げた。清宮はイベントを振り返り、「あんなにたくさんの選手が走るのを、初めて見たのですごかったです」と言った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月2日のニュース