ソフトB大竹 育成時400万円から4倍増「凄いところ」

[ 2018年12月2日 05:30 ]

契約を更改した大竹は来季の目標に「二桁勝利」を挙げる(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 1年目の左腕、ソフトバンク・大竹は、900万円増の年俸1500万円で更改した。

 7月に育成から支配下選手登録され、3勝をマーク。育成時の400万円から約4倍増に、「結果次第でここまで上下する。(プロは)凄いところ」と感想を述べた。球団には筑後市のファーム施設にある特殊モニターを、ヤフオクドームに設置することを要望。ブルペンなどで投球練習を行う際、数秒遅れて投球フォームが画面に流されるシステムで「自分の感覚と実際の動きが異なることがある」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月2日のニュース