中日・吉見 先発陣けん引だ ガルシア退団なんの「自分ができることをするだけ」

[ 2018年12月2日 05:30 ]

野球教室で児童に助言する吉見
Photo By スポニチ

 中日・吉見が滋賀県内で行われた野球教室に参加。退団が決まったガルシアについて言及した。

 チーム最多13勝を挙げた助っ人左腕の退団にも「ガルシアが抜けたから頑張る訳でない。自分ができることをするだけ」とサラリを言ってのけた。

 吉見は今季、規定投球回にこそ届かなかったもののガルシアに次いで125回2/3に登板し、5勝をマークした。勝ち頭が不在となり、先発陣の柱としてかかる期待も当然、増える。チームを去る助っ人左腕に対し、自身は国内FA権を行使せず残留を決断。先月25日の契約更改では「守り勝たないと上位にいけない。そうなると投手が中心になる」と覚悟を口にしていた。年明けからは参加を願い出た柳や石川翔、清水ら若手と自主トレを行う。投手王国の再建に向け、ベテラン右腕が投手陣をけん引する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月2日のニュース