野球博物館 12月1日から「鉄人&闘将」特別展示

[ 2018年11月22日 14:24 ]

 野球殿堂博物館(東京ドーム21ゲート右)は12月1日から野球殿堂ホールで今年逝去した衣笠祥雄氏、星野仙一氏を追悼する特別展示を開催する。同コーナーでは96年に殿堂入りした衣笠氏(享年71)のユニホームやバット、星野氏(享年70)の中日在籍時ユニホームや13年正力賞受賞などの写真を展示し、両氏の功績をあらためて紹介する。

 特別展示は来年1月14日まで。入館料は大人600円、高・大学生400円、小・中学生200円、65歳以上400円で博物館内すべて見学できる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月22日のニュース