阪神・青柳は100万円ダウンでサイン 来季も巨人キラーへ“ビヤヌエバ斬り”宣言

[ 2018年11月22日 15:23 ]

<阪神契約更改>年俸ダウンで契約を更改した青柳(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 阪神・青柳晃洋投手(25)が22日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、100万円ダウンの年俸1200万円でサインした。

 プロ3年目の今季はローテーションに定着できず、4試合登板で1勝(1敗)に終わった。初めてダウン更改となり「試合にでていないので、しょうがいない。悔しい1年だった」と振り返った。

 また、気が早い番記者から、巨人が獲得を発表した元パドレスのクリスチャン・ビヤヌエバに関して質問が飛ぶと「知らないんで、何とも言えないですけど」と苦笑いを浮かべながらも「戦うからには、しっかり抑えたい」と“ビヤヌエバ斬り”も宣言した。今年も9月23日に5回2/3で1失点と好投するなど入団以来、好相性を持続する巨人の前に、来季もキラーとして立ちはだかる決意だった。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月22日のニュース