ロッテ・江村は280万円増 安打は1本も捕手として評価「今までで一番、評価してもらった」

[ 2018年11月22日 16:56 ]

今オフに挑戦するというピラティスのポーズを取るロッテ・江村     
Photo By スポニチ

 ロッテの江村直也捕手(26)は22日、ZOZOマリンの球団事務所で交渉し、280万円増の年俸1200万円で契約した。

 今季35試合に出場し、打率・063。ヒットは1本だったが、1年間、1軍で田村のバックアップを務めたことなどが、評価された。「今までで一番、評価してもらった。この位置で満足せず、レギュラーは田村じゃなくて江村だと言われるようにしたい」と定位置をつかみにいくと誓った。

 秋季キャンプでは右大腿(だいたい)二頭筋損傷の重傷を負った。「今は100%で行けますが、初めて大きな故障をした。26歳ですけど、気をつけないといけないと思い、ピラティスを始めることにしました」と江村。体のバランスから整え、さらなる高みを目指していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月22日のニュース