巨人6選手が台湾へ 大江「結果にこだわる」 北村「肉体強化と技術アップを」

[ 2018年11月22日 12:57 ]

台湾・ウインターリーグに参加するため羽田空港から出発する巨人の6選手。左から大江、北村、岸田、加藤、橋本篤、湯浅                           
Photo By スポニチ

 巨人の大江、北村、岸田、加藤、橋本篤、湯浅の6選手がイースタン・リーグ選抜としてアジアウインターリーグに参加するため羽田空港から台湾へ出発した。

 来季3年目の左腕・大江は「結果にこだわっていきたい。台湾、社会人の打者は真っすぐに強いのでファウルを取れるか試したい」と意欲を燃やした。

 来季2年目の北村は「色んな球団の人とチームとして戦うのでコミュニケーションをとっていきたい。内野手ではロッテの安田君がいて学ぶことが多いと思う。肉体強化と技術アップをやっていきたい」と力を込めた。

 台湾でのアジアウインターリーグは24日に開幕。12月16日に優勝決定戦が行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月22日のニュース