大谷、結婚の予定を聞かれ苦笑「全くない」 母からは“お疲れ様”の気配り

[ 2018年11月22日 10:48 ]

日本記者クラブで帰国会見を開いた大谷翔平
Photo By スポニチ

 ア・リーグ新人王に輝いたエンゼルスの大谷翔平投手(24)が22日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見を行い、二刀流で日米を熱狂させた1年目を振り返った。

 前日21日に帰国したばかりの大谷。両親からなにか言葉をかけられたか問われると、「母にしか会っていないですが、特に何も言葉を掛けられたりはしなかったですね。お疲れ様、ということだと思います」と笑顔を見せた。

 メジャー挑戦に際して、自炊にも挑戦したことが大きな話題となったが、結婚の予定は「全くもって(予定は)無い」と苦笑い。いつまでに結婚したいか、との問いにも「特にないですね」ときっぱりと答えた。

 大谷は昨オフに日本ハムからポスティングシステムを利用し、エ軍入り。ベーブ・ルース以来の本格的な二刀流でプレーし、投手で10試合に先発して4勝2敗、防御率3・31。打者では104試合で打率・285、22本塁打、61打点、10盗塁。同一シーズンでの「10試合登板、20本塁打、10盗塁」はメジャー史上初だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月22日のニュース