ロッテのドラ2・東妻「将来的に抑えをやりたい」阪神・藤川が目標

[ 2018年11月5日 16:17 ]

ロッテから指名あいさつを受けた日体大・東妻は、キャンパス内の「エッサッサ像」の前でポーズ(撮影・高橋 雄二)
Photo By スポニチ

 ロッテにドラフト2位指名された日体大の155キロ右腕・東妻勇輔投手(22)は5日、横浜市内の同大学で永野チーフスカウト、井辺スカウトから指名あいさつを受け、阪神・藤川球児投手(37)を目標とし、将来的にはチームの守護神を務めると語った。

 「小さい頃は阪神の試合ばかり見ていたので、藤川投手に憧れた。あんな出てきたら相手が“終わった”と思うような投手になり、将来的に抑えをやりたいと思っています」

 和歌山出身で智弁和歌山から日体大へ進み、3年秋にノーヒットノーランを達成。永野チーフも「年齢的に中継ぎが高齢化している。本人はクローザー希望だし、ガチンコ勝負してもらいたい。打てるものなら打ってみろ! という気持ちが素晴らしい。井口監督には年間70試合は投げられると伝えています」と期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月5日のニュース