JFE西日本・河野 13K完封一番乗り 元鳴門エース

[ 2018年11月5日 05:30 ]

スポニチ後援第44回社会人野球日本選手権第4日・1回戦   JFE西日本6―0宮崎梅田学園 ( 2018年11月4日    京セラドーム )

<宮崎梅田学園・JFE西日本>13三振を奪い完封勝利を挙げたJFE西日本・河野  (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 高卒2年目左腕、JFE西日本・河野が来年のドラフト解禁年へ向け、今大会完封一番乗りでアピールした。

 「完封を目指していたわけではなかった。一イニング一イニングをしっかり投げようと」。9回無死一、二塁も後続を断ち、自身初の全国大会完封を13Kで飾った。鳴門のエースとして甲子園に3度出場。今夏の都市対抗はJR西日本の補強選手として東芝戦に先発して6回1失点で勝利した。山下敬之監督も「取りたい時にストライクが取れていた」と成長を認めた。

 ▼宮崎梅田学園・斉藤秀史監督(創部13年目で初出場も零敗を喫し)宮崎からたくさん応援に来ていただいて感謝している。1勝を目標に、また戻ってきたい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月5日のニュース