PR:

西武・浅村 国内FA権行使決断「宣言させてもらう」残留も視野

西武の浅村
Photo By スポニチ

 西武・浅村栄斗内野手(27)が国内フリーエージェント(FA)権を行使することが4日、分かった。5日からFA有資格者が権利を行使するための申請期間がスタートする。すでに浅村は球団側に自らの意思を伝えており、近日中に正式に表明する方針だ。

 「レオの主将」が、大きな決断を下した。スポニチ本紙の取材に応じ「FA宣言させてもらうことを決めました。かなり悩んだし、いろいろな方にも相談した。せっかく手にした権利なので、他球団が自分をどのように評価してくださっているのか聞いてみたい」と明かした。

 プロ10年目の今季は、全143試合に出場して打率・310、127打点、32本塁打の活躍でチームを10年ぶりのリーグ優勝に導いた。球団は浅村の流出阻止を最優先事項と位置づけ、3年契約で年俸5億円プラス出来高払いの大型契約を提示しているとみられる。宣言残留も認めており、浅村は「ここまで育ててもらったライオンズには本当に感謝している。移籍を前提にして権利を行使するわけではない」とも強調した。

 一方で、二塁を守れる球界を代表する強打者とあって、複数球団が今オフの目玉となるFA選手として動向を注視してきた。楽天、オリックスなどはシーズン中から調査を続けている。「興味を持っていただける球団があれば、しっかり話を聞かせてもらいたい」。残留か移籍か――。争奪戦の先に待つ浅村の決断に注目が集まる。

 ▼西武・渡辺久信SD もろもろはこれから話す。手を挙げるか挙げないかは本人次第だからね。最終的にはもう一度話すよ。全力で引き留めたいね。(宣言残留も)かまわない。

[ 2018年11月5日 05:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月14日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム