レッドソックス・コーラ監督 故郷プエルトリコでV報告

[ 2018年11月5日 05:30 ]

凱旋パレードを行ったコーラ監督(中央)(AP)
Photo By AP

 米自治領プエルトリコ出身監督として初めてワールドシリーズを制覇したレッドソックスのアレックス・コーラ監督が、優勝報告のため出身地カグアスを訪れた。

 トラックに乗ってパレードし、観衆の声援に応えた。トーマス・ワーナー球団会長やプライスら一部の選手、コーチも参加。監督は「選手は(プエルトリコ出身の)自分との間に境界線を引くことはなかった。信じてくれた」と就任1年目での栄冠に感謝の気持ちを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月5日のニュース