元阪神・井川 矢野監督にエール 自らの現役続行には「難しいかな」

[ 2018年11月5日 05:30 ]

<兵庫ブルーサンダーズOB・近畿医療専門学校>3回無失点に抑えた先発の井川(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 元阪神のエースで、現在は無所属で練習を続けている井川慶投手(39)が、阪神の矢野新監督にエールを送った。「いずれは監督になられる方だと思っていました。金本さんが辞められて、大変な時期にバトンタッチしたと思いますが、本当に頑張ってほしい」と活躍を願った。

 井川は現役時代の矢野新監督とバッテリーを組み、03、05年の阪神優勝に貢献。03年には2人で最優秀バッテリー賞も獲得している。「最初は『自分の好きな球を投げてこい』と言ってくださった。年の差があったけど『サインに首を振れ』と言われた」と、自主性を重んじてくれた当時を懐かしむ。この日は17年に所属した関西独立リーグ・兵庫ブルーサンダーズのOB戦に先発し、3回で6奪三振の力投。自らの現役続行には「難しいかな」と引退を示唆したが、往年の投球フォームで球場をわかせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月5日のニュース