初連投の東海大菅生・中村晃 初回痛い4失点

[ 2018年11月5日 05:30 ]

秋季高校野球東京都大会決勝   東海大菅生3―4国士舘 ( 2018年11月4日    神宮 )

<東海大菅生・国士舘>初回を終え、ベンチへ引き揚げる東海大菅生・中村晃(左は捕手・小山)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 東海大菅生は前日の準決勝で早実を完封し、初の連投となったエース左腕・中村晃が初回に4失点。3回以降は無安打に抑えて完投しただけに、重い失点となった。

 体のケアは万全で「疲労はゼロ。連投の影響ではない。相手の狙いを序盤に気がついていれば…」と悔やんだ。出場候補に挙がる来春センバツへ、「冬でしっかり体力をつけたい」と前を向いた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月5日のニュース