ロッテ安田 ドラ1藤原の指南役買って出た まずはあいさつから

[ 2018年11月5日 05:30 ]

 ロッテにドラフト1位指名された藤原(大阪桐蔭)の指南役を、昨年のドラフト1位・安田が買って出た。

 同じ大阪出身で、昨年の高校日本代表で同僚。「一応先輩なので、教えられることがあればやっていきたい。まずはあいさつですね」と言う。10月25日のドラフト会議は、コロンビアで開催されたU―23ワールドカップに参戦中も、その動向は気になっていた。履正社時代は17年春のセンバツ決勝で対戦し、藤原に2発を浴びて敗れた。「履正社にめっぽう強く、因縁の相手でした」というが、今度は心強い味方となることを喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月5日のニュース