巨人・原監督 1年目の北村に打撃指導 居残り練習でも自らトス

[ 2018年11月5日 05:30 ]

北村(左)に打撃の指導を行い、トスをする原監督(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 第1クール最終日も巨人・原監督は精力的に動いた。打撃練習では1年目の北村に指導。北村は「ステップが広くて上体が追いかけていることを指摘していただいた」とステップ幅を狭めてスイングを繰り返した。

 全体練習後の居残り練習でも、指揮官自らトスを上げる力の入れよう。監督復帰後、最初の5日間を「いい天気が続いて良かった。選手は疲れたかもしれないが、よく頑張った」と満足げに振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月5日のニュース