大谷、3打数無安打 連続試合安打8でストップ

[ 2018年9月13日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス1―0レンジャーズ ( 2018年9月11日    アナハイム )

6回2死二塁、遊ゴロに倒れる大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷は3打数無安打で連続試合安打が8で止まった。

 この日も右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けるか否かなどについての表明はなかった。試合前は大リーグ専門チャンネル「MLBネットワーク」のテレビ番組に生出演。もし守備に就くならどのポジションがいいか聞かれ「プロに入って(キャンプで)少しだけショートを守ったが、すぐにクビになった。おそらく内野手はもうない」と話し、笑いを誘った。また来季以降の救援登板の可能性を問われ「何試合か日本である。任されたところでしっかり仕事ができる準備はしたい」と答えた。 (大林 幹雄)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月13日のニュース