国学院大4番・鎌仲、9回V三塁打!「背負わなくていい」監督の言葉で吹っ切れた

[ 2018年9月13日 15:39 ]

東都大学野球秋季リーグ第2週第3日   国学院大5―4立正大 ( 2018年9月13日    神宮 )

 国学院大が立正大に逆転勝ちし、勝ち点1を挙げた。

 国学院大は中盤まで点を追う苦しい展開だったが、8回に同点に追いつくと、9回に2死二塁から4番・鎌仲純平外野手(3年=北海)が勝ち越し三塁打を放ち突き放した。「みんなのために、くらいついた」。

 4番・鎌仲は1回戦、2回戦ともに無安打だったが「鳥山泰孝監督の『なにも背負わなくていいから』と言う言葉で吹っ切れた」と7回に今季初安打の2点適時打を放ち、2安打3打点の活躍で勝利に貢献した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月13日のニュース