立正大・伊藤裕主将 V二塁打 今季初白星に「ホッとした」

[ 2018年9月13日 05:30 ]

東都大学野球第2週第2日   立正大2―1国学院大 ( 2018年9月12日    神宮 )

 11日にプロ志望届を提出した立正大4番の伊藤裕が、6回まで無安打の沈黙を破った。7回、相手投手が山岡に交代。「代わり目はチャンス。流れが変わると食らいついた」と先頭で右前打を放ち同点へつなげた。

 8回は2死一、二塁から右翼へ決勝二塁打。連敗を3で止める今季初白星に、主将は「ホッとした」と話した。

 ▼国学院大・横山(6回を無安打投球)最初から6回までと言われていた。もっと監督に信頼される投手になります。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月13日のニュース