ダルビッシュが右肘関節鏡手術、来春キャンプは間に合う見通し

[ 2018年9月13日 07:00 ]

カブスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスは12日(日本時間13日)、ダルビッシュ有投手(32)が右肘の関節鏡手術を受けたと発表した。来年の春季キャンプには間に合う見通しだという。

 ダルビッシュは自身のツイッターで「私ごとではございますが、今日右肘の骨棘除去の手術を受けました!簡単な手術だそうで、スプリングトレーニングは100パーセントで入れそうです!」と心境を明かした。

 球団は右肘のストレス反応による痛みや、疲労骨折などの予防のため、ダルビッシュが今季残り試合に登板しない方針を8月下旬に表明していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月13日のニュース