巨人・長野 東京D通算100本目の看板弾で100万円ゲット「どんどん当てられるように」

[ 2018年9月13日 16:33 ]

<東京ドーム「ビッグボード賞」贈呈式>東京ドームの看板そ直撃しインターネットイニシアティブの鈴木会長(左)から100万円のボードを受け取る長野(撮影・荻原 浩人)                                                                                                                                          
Photo By スポニチ

 巨人・長野が、東京ドーム「ビッグボード賞」贈呈式に臨んだ。8月18日中日戦の3回に特大140メートルの11号ソロを放ち、左中間にあるインターネット接続サービスなどを提供する「インターネットイニシアティブ」の看板に直撃。これを記念し、賞金100万円が贈呈された。

 この1発が東京ドームの看板直撃ホームランの100本目となった。長野は「プロ9年目にして初めての看板弾で、また、100号記念ということで嬉しく思います。どんどん当てられるように、ガンガン振っていきたいと思います」と応えた。同社の鈴木幸一代表取締役会長からは「日本シリーズで当たりましたら、200万円にしましょう」と提案され、和やかな贈呈式となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月13日のニュース