広島 丸2打席連発空砲もマジックは1つ減り「11」に 最短Vは13日

[ 2018年9月6日 22:22 ]

セ・リーグ   広島3―13阪神 ( 2018年9月6日    マツダ )

<広・神>8回1死、丸は左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島は3―11で敗れた前日5日に続いて、この日も3―13で阪神に連敗。今季初の2試合連続2桁失点となったが、2位・ヤクルトが敗れたため優勝マジックは1つ減って「11」となった。最短Vは13日。

 前日に5回5失点降板した九里に続いて、この日も先発・岡田が5回11安打6失点でKO。2番手の飯田も代わりバナの6回に2本塁打を浴びるなど2回4失点、3番手・藤井も代わりバナの8回に3ランを浴びるなど2回3失点に終わり、丸が6回と8回に放った33号、筒香(DeNA)とバレンティン(ヤクルト)を抜いてリーグトップとなる34号の2打席連続本塁打も空砲となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年9月6日のニュース