中日 連敗5で止めた 効果的9得点で神宮連敗も球団ワースト更新阻止

[ 2018年9月6日 21:18 ]

セ・リーグ   中日9―3ヤクルト ( 2018年9月6日    神宮 )

<ヤ・中>3回2死一塁、高橋の二塁打で生還したアルモンテを迎える森監督(右)(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 中日は13安打で9得点を挙げ、連敗を5(1分け挟む)でストップ。神宮での連敗も球団ワーストタイの9で止めた。

 初回に4番・ビシエド、5番・アルモンテの連続適時打などで3点を先制。1点差に追い上げられた3回にもアルモンテの2打席連続となる適時打などで突き放した。6回にも福田の11号ソロなどで2点、7回には高橋の2点二塁打でダメ押しした。

 投げては先発の吉見が5回2失点で5勝目(5敗)。今季ここまで33試合が逆転負けと、課題の救援陣もリードを守って逃げ切った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月6日のニュース