“兄貴”金本監督「腹立った」 新井さんは広島戻って打つように…

[ 2018年9月6日 05:30 ]

セ・リーグ   広島3―11阪神 ( 2018年9月5日    マツダ )

<広・神>5回、代打で打席に立つ新井を見つめる金本監督(右)
Photo By スポニチ

 阪神の金本監督は新井を「弟みたいな存在」と愛情たっぷりに評した。広島時代から自らを慕い、02年オフに移籍した阪神にも後を追ってきた。体を鍛えた広島市内のジムは同じ。精神修養の護摩行も新井は継承した。

 阪神を率いる指揮官として「カープに戻ってから、凄くいい場面で打つようになった。腹の立つ思いもした」と最大級の賛辞を贈り、「もう少しできる体力はあると思う。もったいないなというのが本音」と惜しんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月6日のニュース