慶応・善波、春初戦敗退の雪辱誓う「成長した姿を見せたい」

[ 2018年8月4日 11:46 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会・開会式リハーサル ( 2018年8月4日    甲子園 )

甲子園球場で行われた第100回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサル
Photo By 共同

 開会式リハーサルの行進練習で慶応の最後尾は善波力(つとむ)捕手。センバツに続いての甲子園に「成長した姿を見せたい」と話した。春は逆転タイムリーを打ちながら彦根東に逆転アーチを浴び初戦敗退した。

 「投手と話し合って意思の共有をしています。自分でも少し落ち着いてリードができるようになったかなと思います」。父は明大の達也監督。甲子園が決まった際は「よくやった」と言ってもらったという。「夏は校歌を歌いたいんで頑張ります」と最後は笑顔で話していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年8月4日のニュース