ロッテ・井上、3の2で打率3割に 8月も好調キープ

[ 2018年8月4日 22:12 ]

パ・リーグ   ロッテ5―3楽天 ( 2018年8月4日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>4回1死一、二塁、先制の左前適時打を放つ井上(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテの井上晴哉内野手(29)が、4日の楽天戦(楽天生命パーク)の4回1死一、二塁、楽天・岸のカーブを左前へ適時打するなど3打数2安打で打率を3割に乗せた。

 「ランナーもいたし、なんとか粘ってゴロを打てれば何か起こるかもしれないと思いました。(岸は)点を取るのが難しい投手だから、チャンスで打てたのは良かったです」

 1打点も加算し、打点は70。7月は打率・400、7本塁打、23打点と打率、打点の「2冠」だったが、8月に入っても好調ぶりは維持している。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年8月4日のニュース