DeNAウィーランドが代打出場 球団では大魔神&野村以来25年ぶり

[ 2018年8月4日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA7―6広島 ( 2018年8月3日    横浜 )

延長11回2死一、二塁、代打で出場したウィーランド (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 投手のウィーランド(D)が11回に代打で出場。投手の代打は5月3日ヤクルト戦の笠原(中)、5月6日広島戦の風張(ヤ)に続き今季3人目。DeNAでは93年10月20日中日とのダブルヘッダー第2試合の野村弘樹、佐々木主浩以来25年ぶりとなった。

 野村は斎藤隆の代打で出場も、中日が投手を左腕・山田に代えたため代打の代打で佐々木が出場、結果は三振だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月4日のニュース