筒香、初の5安打 不振脱出にラミ監督喜び「勝ちにつなげてくれた」

[ 2018年8月4日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA7―6広島 ( 2018年8月3日    横浜 )

7回2死一塁、中適時二塁打を放つ筒香(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA・筒香がプロ9年目で初の1試合5安打をマークした。3回1死一塁で幸運な投手内野安打を放つと、確変モードに突入。同点の7回2死一塁では一時勝ち越しとなる右中間二塁打を放ち「チャモ(一塁走者のロペス)がよく走ってくれた」。

 延長11回も1死から右前打。サヨナラ勝ちのお膳立てをした。直前の巨人3連戦は11打数1安打。主砲が不振から抜け出し、ラミレス監督も「5本打って、勝ちにつなげてくれた」と喜んだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年8月4日のニュース