楽天10回ミスミス連勝ストップ 平石監督代行「悔しい」

[ 2018年8月4日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天1―2ロッテ ( 2018年8月3日    楽天生命パーク )

10回無死一塁、けん制死する代走・島井(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天は延長10回に手痛いミスが続いて連勝が3でストップした。1―1の10回1死一塁で遊ゴロを茂木が失策。一、三塁から田村の勝ち越し右犠飛を許した。その裏は無死一塁で代走・島井がけん制死。平石監督代行は「勝負をかけた結果。悔しい」と唇をかんだ。

 7回無死二、三塁では銀次の右前打で同点とし、二塁走者の今江も本塁突入したがクロスプレーはアウト。リクエストによるリプレー検証でも覆らず、両軍合わせて6度要求されたリクエストも明暗を分ける結果となった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年8月4日のニュース