慶応 女優・星野真里の弟・友則副部長 相手分析でチーム支える

[ 2018年8月4日 19:14 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会開会式リハーサル ( 2018年8月4日    甲子園 )

<甲子園見学>甲子園球場で整列する慶応ナイン(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 開幕日の5日第3試合に登場する慶応の星野友則副部長は、女優・星野真里の実弟で今春から副部長に就任した。マイナー(Bチーム)の引率や相手の分析などを担当している。初戦を控えたこの日も練習に帯同。「大学生でコーチをしてくれている子たちが相手分析を頑張ってくれて、僕はそれを取捨選択している。彼らの頑張りが大きい」と話し、「姉も普通のきょうだいくらいには応援してくれている」と語った。

 大学院時代に横浜隼人で約2年間コーチを務め、慶応湘南藤沢監督を経て、昨春に慶応へ教員として赴任。母校へ帰ってきた。北神奈川大会では東海大相模の強打者・森下の攻略ポイントを見抜き、エース生井にアドバイス。生井の制球力の高さもあいまって森下を1安打に抑えた。

 森林貴彦監督は「組織としてスムーズにまわすことに専念できている。今回の成績が出た要因の一つ」と頼もしく見つめていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月4日のニュース