ウエスタン・リーグ ソフトバンクが阪神に逆転勝ち

[ 2018年3月16日 19:22 ]

 プロ野球のファームは16日、ウエスタン・リーグの公式戦が開幕。中日―広島戦(ナゴヤ)が雨天中止となり、ソフトバンク―阪神(タマスタ筑後)の1試合が行われ、ソフトバンクが7―6で逆転勝ちした。

 ソフトバンクは3点を追う7回、5番・塚田の左越え2点二塁打などで同点。塚田は2安打3打点の活躍だった。8回に1点を勝ち越した。

 ソフトバンク先発・千賀は5回5安打1失点。4番手で1/3回を無安打無失点だった小沢が初勝利、9回を締めた二保が初セーブを挙げた。

 阪神は先発・福永が6回5安打3失点。2回5安打4失点(自責2)の2番手・尾仲が黒星。

 17日にはイースタン・リーグの公式戦が開幕する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月16日のニュース