PR:

清宮「多くのこと学んだ」早実卒業式に出席 限局性腹膜炎は「少しでも早い回復を」

早実の卒業式に出席し、笑顔で卒業証書を持つ日本ハム・清宮
Photo By 提供写真

 日本ハムのドラフト1位。清宮幸太郎内野手(18)が16日、東京都国分寺市の同校で行われた卒業式に出席した。

 初等部から12年間通った思い出の場所からの巣立ち。「これで卒業なのか、という感じで、まだ現実味がないですね。クラスメートと久々に再会して、髪が伸びている友達がいたりもして、懐かしかったです」としみじみ話した。

 早実に在学したことで得たものとして「野球だけではなく、学業との両立ですとか、人としても多くのことを学びました」と清宮。13日に腹腔(ふくくう)内の一部に炎症がみられる「限局性腹膜炎」と診断され都内の病院に入院、今後も引き続き治療を受けることになったが「体調面でアクシデントはありましたが、少しでも早く回復できるように努めていきます」と前向きに話した。

[ 2018年3月16日 18:04 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月22日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム