中日・松坂 登板翌日に遠投「昨日気になった部分を」

[ 2018年3月16日 05:30 ]

森監督と談笑する松坂(右)
Photo By スポニチ

 14日の古巣・西武戦で3回2失点だった中日・松坂は、一夜明けて遠投などを行った。

 過去2度の登板翌日はノースローだったが、「昨日気になった部分を覚えているうちに確認したかった。試合の中で修正できなかったので、次の試合までに」とフォームを確認。4月4日の巨人戦(ナゴヤドーム)先発に向けて調整を重ねていく。また、ナゴヤドームで初の打撃練習も実施して51スイングで柵越えは1本。「広いなと思った」と笑っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月16日のニュース