中日 岩瀬と荒木 コーチ登録を抹消「他のコーチがベンチ入りできなくなるため」

[ 2018年3月16日 16:15 ]

中日の岩瀬
Photo By スポニチ

 中日は16日、岩瀬仁紀投手(43)と荒木雅博内野手(40)のコーチ登録を抹消することを明かした。

 西山和夫球団代表は「2人がコーチの肩書きを持っていると、ベンチ入りするとコーチとしてカウントされるので、他のコーチがベンチ入りできなくなるためです」と説明した。

 セ・リーグのアグリーメントでは試合中にベンチ入りできるコーチは8人までと定められている。

 岩瀬、荒木両選手が選手としてベンチ入りしても、制度上コーチとしてもみなされるため、他のコーチがベンチ入りできなくなる恐れがあり、「手続き上の問題。公式戦を迎えるにあたって混乱が起きないように」(西山代表)として、兼任コーチの肩書きを外した。

 ただ、肩書きは外しても「チーム内での役割は変わらない」とし、引き続き選手たちへの助言などは送ってもらうという。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月16日のニュース