阪神・森越 大和からの“ラブコール”熱望「自主トレ行きます」

[ 2017年12月16日 09:10 ]

トラッキーの似顔絵を披露する阪神・糸原(左)と森越
Photo By スポニチ

 阪神・森越が大和からの“ラブコール”を熱望した。16年から2年連続で合同自主トレを行っており、連絡待ちであることを明かした。

 「自主トレを一緒にやると言ってもらえたら、僕は行きます。(移籍して)バタバタして今は忙しいと思う。連絡が来たら、行きますよ」

 DeNAへFA移籍した先輩に配慮し、自ら願い出ることは控える。ただ、チームメートでなくなったことで「聞きやすくなる。今ままではどうしても、聞きづらい部分はあったので」と自主トレが実現すれば、守備の名手の技術を心置きなく吸収する計画だ。

 「今年の後半の使われ方で守備、バントの確率を上げていくことが生きる道かなと」。1軍でのシーズン完走という目標達成のためにも大和からの連絡を今か今かと待っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年12月16日のニュース