札幌ドーム移転協議 真駒内公園浮上、北広島市と事実上2案に

[ 2017年12月16日 09:40 ]

 日本ハムは札幌ドームからの本拠地移転を巡り、札幌市と実務者協議を開いた。同市の候補地として北区の北大構内と豊平区の八紘学園周辺に加え、新たに南区の道立真駒内公園を検討することで合意。これまでの2カ所は広さや周辺環境で問題を抱え、候補地は真駒内公園と、北広島市のきたひろしま総合運動公園用地の2案に事実上絞られた。

 真駒内公園はみどりの保全や交通アクセスなど課題も多いが、球団の前沢賢事業統括本部長は「エリアに溶け込める施設を考えたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年12月16日のニュース