ヤクルト 大松は200万円増 一撃必殺へ護摩行で精神修養

[ 2017年12月16日 05:30 ]

 ヤクルトの大松が200万増の1000万円で契約を更改した。ロッテ時代の昨年5月に右アキレス腱断裂の大ケガをし、オフに戦力外。テストを経て入団し「1軍の打席に立ったとき武者震いした。ワクワクした」と振り返った。

 主に代打で94試合出場、打率・162。来季に向け「(代打は)一撃必殺で行かないといけない」。今月初旬には関西圏内の寺社で計4時間もの護摩行に励み「火と戦っている感じ。無心になれた」と精神面を強化した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年12月16日のニュース