カルロス・サンタナ フィリーズとの3年契約に合意 メジャー通算174発

[ 2017年12月16日 09:18 ]

カルロス・サンタナ内野手 (AP)
Photo By AP

 今オフにインディアンスからフリーエージェント(FA)となったカルロス・サンタナ内野手(31)が、フィリーズと3年総額6000万ドル(約67億5000万円)で契約に合意した。1750万ドル(約19億7000万円)の出来高が付き、2021年の契約は球団に選択権があるという。15日にメジャーリーグの公式サイトが伝えた。

 今季のサンタナは154試合に出場して打率2割5分9厘、23本塁打、79打点。両打ちの強打者で、メジャー8年間の通算では174本塁打をマーク。昨季は34本塁打を放ち、インディアンスのワールドシリーズ進出に貢献した。また、一塁手としての守備でも、今季は優秀守備選手賞に選出されるなど高い評価を得ている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年12月16日のニュース