丸、逆方向へ100号&101号「自分のスイングできている証拠」

[ 2017年7月6日 21:34 ]

セ・リーグ   広島6―5巨人 ( 2017年7月6日    マツダ )

<広・巨>鈴木(左)のドリンクシャワーを鋭いダッシュでかわす丸
Photo By スポニチ

 広島の丸が2本のソロ本塁打でチームを勝利に導いた。

 まずは1―2の3回、バックスクリーン左へ同点ソロ。初登板初先発の巨人のドラ2畠に“プロの洗礼”を浴びせる一発は自身通算100号。「真っ直ぐに力負けしないようにコンパクトなスイングを心がけた。こんなに打てるとは思っていなかったので(100号は)うれしいですけど、通過点と思ってやっていきたい」

 5―5の7回には西村から左越えに決勝ソロ。「正直、入るとは思わなかったので“入ってくれ”と願いながら走っていました。入ってくれてほっとしてます」と丸。2本塁打はともに左打者の丸にとって逆方向への一発。「しっかり自分のスイングができている証拠だと思います」と胸を張った。

 お立ち台の裏では鈴木と野間が祝福の“ドリンクシャワー”のため待機していたが、丸は間一髪で回避。打撃だけでなく勘もさえているようだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月6日のニュース