青木、勝ち越しのホーム踏む 1安打2得点1盗塁

[ 2017年7月6日 13:45 ]

インターリーグ   アストロズ10―4ブレーブス ( 2017年7月5日    アトランタ )

7回、勝ち越しのホームを踏んだ青木はベンチで祝福される(AP)
Photo By AP

 アストロズの青木は5日、アトランタで行われたブレーブス戦で6回の守備から左翼に入り、1打数1安打2得点1盗塁だった。

 7回先頭で打席に立って二塁打を放つと、続くスプリンガーの安打で生還。チームは5回に4点差を追いつかれていただけに、「次の1点が必要だった」と青木。

 8回も先頭で四球を選び二盗。チームはこの回3点を挙げてリードを広げた。積極的なプレーでチームの勝利に貢献した青木は「チャンスをもらったら、しっかり結果を残せるようにと思っている」と胸を張った。打率は2割6分6厘。

 チームは10―4で4連勝。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年7月6日のニュース