オリ金子 屈辱の自身4連敗「自分にイライラしている」

[ 2017年7月6日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3―5ソフトバンク ( 2017年7月5日    ヤフオクドーム )

<ソ・オ>5回2死一塁、柳田に2ランを浴びる金子
Photo By スポニチ

 大黒柱が勝てない。オリックスの先発・金子は5回6安打4失点。5月30日の白星を最後に自身4連敗で6敗目を喫した。試合後は長い沈黙の後、「こういう状況をどうにかできない自分に、ずっとイライラしています」と絞り出した。

 1点リードの5回が分岐点だった。2死三塁、フルカウントから今宮に同点打を許し、次打者・柳田に特大の決勝2ランを被弾。「ボール先行のカウントが多く、投球を苦しくしてしまいました」。試合前まで11打数無安打と封じていた柳田に先制打を含む3打点を許し、被本塁打もリーグワーストタイの11本となった。

 福良監督は「(前半戦)もう1回(登板が)あるし、立ち直るかどうか」とエースの奮起を期待した。11泊12日、移動距離約2800キロの過酷ロードは3勝3敗1分で終えた。連敗で借金5。残り6試合で前半戦の目標「勝率5割」は遠くなった。 (桜井 克也)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年7月6日のニュース