ヤクルト 成瀬 2軍戦で完封勝利

[ 2017年7月6日 17:27 ]

 プロ野球のファームは6日、ソフトバンク―阪神戦(タマスタ筑後)が雨天中止となり、イースタン、ウエスタン両リーグで3試合が行われた。

 ヤクルト―DeNA戦(戸田)では、ヤクルト先発・成瀬が9回97球を投げ2安打4奪三振で完封勝利。2軍5試合目で今季初勝利を挙げた。許した安打は初回2死でのシリアコ、7回先頭の関根の単打2本だけだった。ヤクルト打線も同じく2安打だったが、2回に広岡がリーグ単独トップの12号ソロを放った。試合は2―0。

 首位・楽天は日本ハム戦(仙台泉)に8―2で勝利。3回に西田が6号ソロ、内田が11号ソロ、8回に伊東が1号ソロを放った。先発・宮川が6回2安打1失点(自責0)で2勝目(1敗)。

 広島―中日戦(由宇)は広島が5―3で逆転勝ち。3―3の6回に下水流が決勝の5号2ランを放った。中日は育成2年目の渡辺が1号2ラン

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月6日のニュース