福留まさかの後逸…メッセ不運 江夏以来の偉業7年連続100Kも5敗目

[ 2017年7月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―4DeNA ( 2017年7月5日    横浜 )

<D・神>3失点のメッセンジャーは5回限りで降板
Photo By スポニチ

 好発進も勝利にはつなげられなかった。阪神の先発・メッセンジャーは、制球に苦しむなど本来の投球を体現できず5回7安打3失点で無念の降板。今季5敗目を喫した助っ人右腕は悔しさをぐっとこらえ、淡々と言葉を並べた。

 「単純にあれだけ走者を出してしまったことを反省しないといけない。相手よりも、点を与えないことをできなかった。それだけだ」

 立ち上がりは完璧だった。初回2死から筒香を見逃し三振に退けるなど、わずか11球で3人を料理。今季15試合目の登板で、初めて初回を3者凡退で終え弾みをつけたはずだった。

 だが、慎重になりすぎたのか2、3回と無失点ながら計3四球を献上するなど制球が定まらない。1点リードの4回は、1死一塁から高城を歩かせると、梶谷の放った左翼へのライナー性の打球を、照明が重なったのか、福留が後逸する不運な2点二塁打。逆転を許すと、5回も先頭の石川に直球を左翼スタンドに運ばれるソロを被弾し、この回限りでマウンドを降りた。

 5回で126球を要し精彩を欠いた姿に、金本監督も「まあ、見ての通り。やっぱり球数も多かったし。球自体は悪く見えないんだけど。スピードも出ていた。やっぱりコントロールかな」と6四球を嘆いた。

 5回無死から筒香のバットをフォークで空を切らせ、今季100個目の奪三振をマーク。7年連続100K以上は球団では67年から75年にかけて記録した江夏の9年連続以来、4人目。白星で、栄えある快挙に花を添えることはできなかった。

 開幕から投手陣の先頭に立って、チームをけん引してきたのは、誰もが知るところ。背番号54は、必ずやり返す。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月6日のニュース