DeNA・黒羽根と日本ハム・エスコバーのトレード成立

[ 2017年7月6日 14:40 ]

日本ハム・エドウィン・エスコバー投手とDeNA・黒羽根利規捕手
Photo By スポニチ

 DeNAは6日、黒羽根利規捕手(30)と日本ハムのエドウィン・エスコバー投手(25)の交換トレードが成立したことを発表した。

 日大藤沢高から2005年にドラフト3位で入団した黒羽根は「DeNAでの12年間、良いことも悪いことも、とてもいい経験をさせてもらいました。三浦大輔さんと初めて一軍でバッテリーを組んだ、2011年8月14日の試合が一番思い出に残っています」とコメント。「横浜を離れるのはとてもさびしい気持ちがありますが、日本ハムで活躍することが、DeNAファンへの恩返しだと思っているので、引き続き頑張っていきます」と意気込んだ。

 エスコバーはベネズエラ出身でMLBレンジャーズなどを経て、1月に日本ハムに入団した。日本ハムでは14試合を投げ1勝。防御率は5・64。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月6日のニュース