若虎 尻に火…ロジャース来日間近、西岡も2軍で結果

[ 2017年7月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―4DeNA ( 2017年7月5日    横浜 )

<D・神>3回2死一塁、高山は浜口の前に一飛に倒れる
Photo By スポニチ

 レギュラー確保にアピールしたかった若虎たちも、勝利には貢献できなかった。「6番・中堅」で先発した阪神・高山は2回の第1打席、二塁へのボテボテのゴロを全力疾走で内野安打にして出塁。続く大和の四球の球が暴投となる間に好走塁で三塁を陥れ、梅野の中犠飛で先制のホームを踏んだまでは良かったが、5回2死二塁の好機で遊飛に倒れるなど、以降3打席は凡退。試合後は無言で悔しそうに球場を後にした。

 新潟でのカード初戦が雨天中止となった4日、金本監督が「野手でよくやったなというのは誰もいないよ、若手は。高山もうかうかしていられないよ」と発言。新助っ人のロジャースの来日が間近で、2軍では西岡が結果を出し続けている。高山だけでなく、原口、中谷らもチャンスはもう多くは残っていない。途中出場し、この日の初打席となった8回に右前打した中谷は結果を出したが、他の若虎は指揮官の心を動かす活躍はできなかった。

 片岡打撃コーチは「序盤のチャンスやな。あそこでもう1本出ていればね」と、相手新人・浜口の立ち上がりを攻めきれなかったことを悔やんだ。各自が危機感を持ち、やり返すしかない。(山添 晴治)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年7月6日のニュース