ダル 最悪タイ11安打7失点今季最短4回1/3KO

[ 2017年7月6日 05:30 ]

ア・リーグ   レンジャーズ4―11レッドソックス ( 2017年7月4日    アーリントン )

<レンジャーズ・レッドソックス>5回、3ランを被弾し、降板するダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 レンジャーズのダルビッシュが4日(日本時間5日)、レッドソックス戦に先発し、ともにメジャー自己ワーストタイとなる11安打、7失点で7敗目(6勝)を喫した。今季最短の4回1/3しか持たず「打ち取った当たりが安打になり、向こうに流れがいってしまった。運がなかった」と振り返った。

 2回に中堅ゴメスが飛球の目測を誤って二塁打を許し、次打者の緩いゴロが二遊間を抜けて先制された。0―4の5回には3ランを被弾。7失点はメジャー移籍後5度目で無四球では初。奪三振は4つと少ない。三振よりもストライク先行で打たせて取る投球を目指す中、守備のミスに泣いたが「自分もミスがあるので仕方ない」。

 次回は前半戦最終戦の9日(同10日)エンゼルス戦の予定。11日(同12日)の球宴を前に「毎回レベルアップできるように、技術的な部分も見つめ直す」と課題を挙げた。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月6日のニュース