巨人 高橋監督 初登板4失点のドラ2畠に期待「楽しみな部分はたくさんあった」

[ 2017年7月6日 21:55 ]

セ・リーグ   巨人5―6広島 ( 2017年7月6日    マツダ )

<広・巨>1回無死一塁、菊池を三振に打ちとる巨人・畠
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト2位ルーキー・畠はプロ初登板となった広島戦で4回5安打4失点で降板。地元・広島で両親らが見守る前で初勝利はならなかった。

 立ち上がりから制球に苦しむなど、課題が残るデビュー戦となった。打線は5点を奪うなど意地は見せたが、11年8月以来のマツダでの3連戦3連勝はならず。高橋監督は「(畠は)楽しみな部分はたくさんあった。(戦力に)なってほしいし、期待している」と評した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月6日のニュース