侍・誠也 3の0…試合後に特打「早く感覚を近づけないと」

[ 2017年2月26日 05:30 ]

2017侍ジャパンオープニングマッチ   侍ジャパン0―2ソフトバンク ( 2017年2月25日    サンマリン宮崎 )

<侍ジャパン・ソフトバンク>4回2死、ジェンセンの打球を好捕する鈴木
Photo By スポニチ

 侍ジャパン・鈴木は中軸の後を打つ6番を任されたが、7回1死二塁で投ゴロなど3打数無安打。期待に応えることはできなかった。

 試合後、木の花ドームでの居残り特打では半速球を打ち返し、打撃フォームを微調整。「早く感覚を(シーズン中に)近付けないといけない。打席でどんどん手を出して、タイミングを合わせていければ自分のスイングができてくると思う」と話した。

 ▼秋山(3打席とも左飛)思ったより差し込まれている。振り込まないといけない。

 ▼稲葉打撃コーチ(打線について)初戦は毎回こんな感じ。5試合の中で試合勘を取り戻してほしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース