ロッテ 千隼 巨人戦で対外試合デビュー 自責0ながら1失点

[ 2017年2月26日 15:17 ]

オープン戦   ロッテ―巨人 ( 2017年2月26日    那覇 )

4回から登板したロッテ・佐々木
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木千隼投手が巨人とのオープン戦で対外試合デビューした。

 1―0の4回から2番手で登板。先頭の重信はフルカウントから143キロ直球で打ち取った当たりも、遊撃の中村が失策。重信には二盗を決められた。マギーは変化球で右飛に打ち取ったが、この間に重信は三塁へ。阿部は初球シンカーを中犠飛とし、同点に追いつかれた。最後はギャレットを直球で一ゴロに打ち取り、予定通りの1イニングを16球で投げ終えた。

 初実戦となった19日の紅白戦では2回無失点。「結果を出さないと」と意気込んでいたマウンドは、超強力打線を無安打に封じて自責0ながら1失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース