巨人・岡本 トンネル抜けた3安打 10打数無安打なんの

[ 2017年2月26日 05:30 ]

オープン戦   巨人3―5DeNA ( 2017年2月25日    沖縄セルラースタジアム那覇 )

<巨・D>2回2死一塁、岡本は中前打を放つ
Photo By スポニチ

 対外試合で10打数無安打だった巨人・岡本が3安打と大爆発した。

 第1打席で平良から中前打を放つと、2、3打席目は左前打。「僕のような選手は結果を出して(首脳陣に)使いたいと思っていただけるようにしないと」。3打席とも3球目までに仕留め、「1軍は甘い球は来ない。確率を上げて一発で仕留めないと」と積極性が功を奏した。第4打席もあと少しで本塁打という左飛で自慢の長打力もアピールした。

 12日の紅白戦を最後に実戦では安打がなかったが「打てない時も理由がある。足りないところを再確認できる」と気持ちを切り替え、一心不乱にバットを振り込んだ。昨季はわずか3試合出場で打率1割。3年目の今季は外野に挑戦中で、実戦は全て左翼で先発出場している。「今日だけじゃ駄目。使ってもらっている限り、チームのために必死にやっている」と貪欲に結果を求める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月26日のニュース